TOP > アニメ・漫画 > 芸能ニュースは・ドラマの情報をご紹介道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 芸能ニュースは・ドラマの情報をご紹介道場

放送開始「花郎」パク・ソジュン&Ara、運命的な出会い

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 736
◇登録日
2016年12月22日
碓田
碓田
道場主

Lv.16

Check

前のネタへ
次のネタへ
2016年最後の期待作「花郎」が、ついにそのベールを脱いだ。

19日夜に韓国でKBS 2TV月火ドラマ「花郎(ファラン) DVD」(脚本:パク・ウンギョン、演出:ユン・ソンシク) の放送がスタートした。

Q61221133654

韓国ドラマDVD花郎」はドラマ史上初めて新羅時代の花郎を本格的に描く作品で、1500年前の新羅の首都・徐羅伐(ソラボル) を駆け巡った花のような男性・花郎の熱い情熱と愛、まぶしい成長を描く本格派青春時代劇だ。

この日の放送では、ケセ(犬のようにストレートで鳥のように生きたい花郎) と呼ばれる名もない男ムミョン(パク・ソジュン) と彼の無二の親友であるマクムン(イ・グァンス) は、賎人には禁止された城門を越えて王京(ワンギョン、現在の慶州) に行くことにした。

マクムンは自身の首飾りをいじりながら、「王京さえ行けば探すことができるようだ」として、「お父さん、お母さん、そして妹まで一緒に住んだ故郷じゃないか。これでお父さんも探して俺の身分も取り戻すんだ」と心を決め、ムミョンは彼とともに王京に行く意向を明らかにした。

ムミョンとマクムンは王京に入ることに成功した。そこでムミョンはアロ(Ara) と運命的な初めての出会いを繰り広げた。アロは手間賃を取れそうになると、すぐに手間賃の代わりに酒を飲んだ。その後酔っ払って道を歩いているときにムミョンと出会い、ムミョンは馬にひかれるところであるアロを救って、そのまま再び旅立った。

後に真興王となる三麥宗(サムメクジョン、ZE:A ヒョンシク) は悲運の王だった。三麥宗は自身を保護するために外へ出回る母親ジソ太后(キム・ジス) に「分からないはずがないでしょう。このように外に飛び交って自由に生きるのが母上の大きな配慮というものです」と、眠らずに夜を明けた。このような三麥宗にジソは、「あなたが世の中に出て行く日は、私が決めるでしょう。その時までは水を打ったように静か過ごしなさい」と冷たく話した。ジソは息子を守るために、彼の顔を見た者は全部殺す冷血な女だ。これに対し、偶然に三麥宗の顔を見たマクムンもまた、死ぬところだった。三麥宗は、刺客に奇襲を受けるなど命を脅かされた。

その後また、マクムンはバンリュ(ト・ジハン) の輩たちに殺されるところだった。通行代なしに王京に入城したことをめぐって、喧嘩をふっかけたためだ。マクムンが殺されようとしていたその時、ムミョンが現れた。

ムミョンは「俺は、人生は運次第だと思う。「花郎 DVD」ところでお前、今日は運がない」と話した。マクムンに大丈夫かと尋ねたムミョンは、彼が大丈夫だと話すとすぐに「俺は大丈夫じゃない」と受け返した。また、自身の周囲に円を描いた後、「この線を越した貴族を殴ることは俺の法だ」としながら威嚇した。

またこの日の放送で、アロはマクムンの首飾りに似ている首飾りを持っていて、マクムンの妹であることを予感させた。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る