TOP > 学問・研究 > UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場

「コンガマトー」アフリカに出没する謎の怪鳥?!

◇評価 58ポイント
◇閲覧回数 54,926
◇登録日
2011年10月18日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
アフリカには、「コンガマトー」という名の怪鳥が存在すると言われている。
「小舟を沈没させる者」という意味で、カメルーン、コンゴ、ケニアなどの
沼地地帯に出現している。


以下、コンガマトーの目撃情報だ。

1932年、アメリカの動物学者が、カメルーンのアスンボ山の峡谷で怪鳥に襲われた。彼は怪鳥から逃れるため川に飛び込み、すぐさま拳銃を発砲したが、怪鳥は飛び去った後だった。彼は「ワシよりも巨大で、長い嘴とそこに生えた歯、嘴をカチカチと鳴らし、翼長3.5mもある翼で羽ばたいて急降下してきた。喉のあたりの肉垂れが印象的で、この生物を原住民はオリチアウと呼んで恐れていたがコンガマトーと同じであろう」と述べている。

1956年、現在のザンビア・バングウェウル湖付近で、あるエンジニアが、ゆっくりと上空を通過していく2匹の怪鳥を目撃している。翼長約3〜3.5フィート、体長約4.5フィート。長細い尾と、尖った頭を持っていたという。

1957年、同じくバングウェル付近にて「大きな鳥」に襲われたと訴える重傷患者が現地の病院に運ばれてきた。彼に襲ってきた生物の絵を描かせると、翼竜のような生物を描いたという。

はたしてアフリカには、古代翼竜の生き残りでもいるというのだろうか?
目撃情報は半世紀前であるため、現在の最新調査を期待したい。


関連ネタ→南北戦争時代に射殺されたプテラノドンのようなUMA?!
    →翼竜型UMA「ローペン」の飛行映像か?!(動画)


UFOとUMAの書籍はamazon.co.jpにて購入できます。



完全ファイル
UFO&プラズマ兵器
[単行本]
未確認動物UMAの謎
(ムー・スーパー
ミステリーブックス)
実録
自衛隊パイロットたちが
接近遭遇したUFO


UMA&UFOネタ一覧へGO!!

謎の生物、宇宙人、UFOの映像、画像、話題がいっぱい!
「UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場」TOPに戻る

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。