TOP > 学問・研究 > UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場

奇怪な生物が捕獲された「ヴァルジーニャ事件」

◇評価 40ポイント
◇閲覧回数 26,071
◇登録日
2008年3月27日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
ヴァルジーニャ事件(ヴァージーナ事件、バージーナ事件)
1996年1月20日午前8時、ブラジル、ミナスゲライス州ヴァルジーニャの
消防署に「公園に奇妙な生物がいる」という電話がかかってきた。
ブラジルでは、こうした野生動物の出現は珍しくない。
消防署員はいつものように、トラックを現場に走らせた。

公園の裏手の森に到着した彼らは、
今までに見た事も無いような奇怪な姿をした「生物」を目撃する。

その生物は、身長1mほどで、前かがみに直立歩行をし、
頭には奇妙な3つの突起物があった。
目は血のように真っ赤で、皮膚は油ぎったようにテカテカと光っている。
ただし、ケガをしているらしく、動きはとても弱々しかった。


消防署員たちは、たじろいだが捕獲に成功。
その間、この生物は、ハチの羽音にも似た「ブーン」という唸り声を
発していた
という。

公園周辺はブラジル陸軍よって封鎖され、厳重な管理下におかれた。

だが、事件はこれだけでは終わらなかった。
同日の午後3時30分過ぎ、公園とすぐ隣り合わせの場所で、
公園で捕獲されたのとそっくりな生物が、3人の少女達によって発見されたのだ。

この生物もまた、消防署員によって捕獲された。
前者は軍関係の施設に運び込まれ、その後の詳細は不明。
後者は、通常の病院に搬送され、21日の午後に息絶えたという記録がある。
しかも、多くの人に目撃され、検死までされていた。

一体、この2体の「生物」の正体は何なのか。
当時ブラジルでは、UFOの墜落事故が起こっていた可能性がある。
アメリカ軍がブラジル政府にUFOの墜落を警告した情報があったのだ。
発見された生物は、このUFOに乗った異星人だった可能性が十分に考えられる。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。