TOP > レジャー・アウトドア > tonggu道場

tonggu道場

tonggu道場

[カテゴリ]
レジャー・アウトドア
[参加者]
0人
[昨日の見学者]
3人
[開設日]
2018年1月23日

[参加者]
tonggu (道場主)

一覧を見る

電子タバコは、リキッド(電子タバコ用の液体)を加熱し、その煙(水蒸気)を吸うようになっています。

基本的な電子タバコの構造は、リキッドを加熱する「バッテリー」と、リキッドを入れる「アトマイザー」という部分の組み合わせになっており、形が変わってもその組み合わせは変わりません。
http://www.warmvape.com/
上記の通りアトマイザーとバッテリーが分かれる(付け替えられる)のが一般的ですが、最近ではアトマイザーとバッテリーが合体した一体型も存在します。一体型は拡張性がありませんが、よりコンパクトで低価格な物が多いため、手軽さが人気となっています。

電子タバコ 充電式バッテリーには電池内蔵タイプと、電池入れ替えタイプがあります。電池内蔵タイプは本体サイズが小さめで手軽ですが、電池の寿命がきたら捨てるしかありません。電池入れ替えタイプは、本体が大きめで電池の取り扱いも注意が必要ですが、電池だけ交換して長く使えます。いずれも使い方によりますが、300〜500回程度の充電で電池の寿命が来ると言われています。

出力が上がれば上がるほど使用時間は短くなります。
http://www.warmvape.com/e-cigarette/p-12.html
バッテリーの充電方法は、電池内蔵タイプでも、電池入れ替えタイプでも、本体を直接USBで充電するのが主流です。電子タバコ おしゃれUSBはスマートフォンなどのACアダプタ(5V/1A)に接続すればコンセントからも充電可能です。
*電池入れ替えタイプは、機種によっては別途電池用の充電器が必要な場合もあります。
http://www.warmvape.com/atomizer/c-2.html
【可変出力機能・温度管理機能】
バッテリーの機能も機種によって様々ですが、一番使用される機能は「電力を変えて煙の量を調整する」可変出力機能です。V(ボルト)またはW(ワット)で調整します。出力を上げると煙が増えますが、上げすぎると味が飛んだり(味がくずれたり)しやすくなります。また近年では温度で調整をするTC(Temperature Control)という機能を搭載した機種も登場しています。

アトマイザーとバッテリーの接続部分はeGo規格の物と、510規格の物があります。
接続部分の太さは同じなので、接続部分の凸凹が合っていればメーカーが違う物も、見た目の太さが違う物も、全て接続可能です。
*ただし一部特殊な形で互換性のない物もあるのでご注意ください。(本物の煙草サイズの物や、極端に細いもの等)。

https://slownet.ne.jp/blog/view/57665

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=004a524c3d&owner_id=8e557b786a x

【キーワード】 電子タバコは、リキッド(電子タバコ用の液体)を加熱し、その煙(水蒸気)を吸うようになっています。

人気ネタ

※昨日のランキングデータです。

NO.12回 ネタ画像 電子タバコの煙は水蒸気のですか?(0) 誤解 電子タバコについて言及すると、初めて何を思い浮かべますか? 電子たばこ中毒? 申し訳ありません、あなたはあまりにも多くを考える!電子タバコ小型...
NO.20回 ネタ画像 新しいタイプの加熱式タバコ技術(0) ここ2年間で、新しいタイプの加熱式タバコ技術である熱燃焼(HnB)が次第に一般に知られるようになりました。この技術により、禁煙することができないまたは好まない選...

もっと見る

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る