TOP > 学問・研究 > カラス対策レーザーポインター のクラス道場

カラス対策レーザーポインター のクラス道場

カラス対策レーザーポインター のクラス道場

[カテゴリ]
学問・研究
[参加者]
0人
[昨日の見学者]
1人
[開設日]
2017年1月12日

[参加者]
laserscheap (道場主)

一覧を見る


カラス対策レーザーポインター のクラス


レーザー発振機自体は、クラス値や最大出力値が波長とともに機器に表示されている。クラス値や最大出力値によって光強度が、波長によってレーザー光の色がそれぞれ判断できる。


クラス1

概ね0.2mW(単位:ミリワット)前後の出力。100秒間瞬きせずに直視しても問題無いとされる。光線の波長によって出力制限が異なる。後述のPSCマーク認定高出力レーザーポインター通販、主に玩具用。


クラス2

1mW未満の出力。0.25秒間未満の直視は問題無いとされる。PSCマーク認定レーザーポインター緑小型、主にプレゼンテーション用。


クラス3A

法規制以前に販売されていた星観察 レーザーポインターやレーザーマーカーなど。直視してしまっても瞬きなどで回避できる場合がある。望遠鏡などで直視した場合は目に致命的な損傷を与える。


クラス3B

500mW以下の出力。光学ドライブのレーザーがこれにあたる。光線の直視はいかなる場合でも避けなければいけない。


星観察 レーザーポインター


クラス4

クラス3Bを越える出力。直視だけではなく、拡散反射でも目に悪影響を与え、やけどなどの皮膚障害を起こす。温度上昇により照射部分が発火することもある。レーザーショー向け。


高出力レーザーポインター・強力レーザーポインターのしくみについて

高出力レーザーポインター・強力レーザーポインター(英語: Laser Pointer)とは、レーザーダイオード(LD)から発振されたミニレーザーポインター光線を、限りなく遠くまでとばすことができるレーザーポインターのことを言います。レーザーダイオードとは、半導体の再結合発光を利用したレーザー(半導体レーザー素子)のことで、発光ダイオード(LED)よりも10〜100倍の価格がするとても高価な光線です。この光線を、コリメートレンズという平行光を作るためのレンズに通して平行な光線にすることで、非常に強力なレーザー光線を飛ばすことができるというしくみになっています。


レーザーポインターには主に赤色(レッド)・緑色(グリーン)・青色(ブルー)の3種類のカラーがあります(※)。これらの違いは価格と見えやすさです。もっとも安価な色は赤色で、低価格帯で購入することができます。逆にもっとも高価な色は青色です。また、一番見えやすい色は緑色で、「レーザーポインターの色の違い」でも説明しているように、赤色の8倍も認識しやすいと言われています。


レーザーポインター用途

教師/講師──授業の時に、教室でのどこでも気軽に指すことができる。必ず教師の片腕になります。

ビジネス/会議用――製品の実演と会議を説明し、あなたのスピーチが余裕にして、顧客との間の交流により軽い自然になるます。

博物館/展示ホール/ガイド──届かないような目標に対して、レーザーポインター屋外この製品は気楽で正確に指せます。

野外旅行者/探検者−野外探検に用いる。遠距離の目標を指示、遭難信号を送ることができ、旅行がもっと楽しい、より安全です。

天文愛好者−星を指すに用いる。放出するグリーンレーザーグローブは美しい軌跡で、夜に星の観測に適応して、星の位置を指す出します。

建築現場/採掘場−遠距離の建物を指し示すことができる。危険な箇所を避けて、キロ外が現場と同じように指揮させます。

かっこいいな神器―パーティー、舞踏会やコンサート、コンサートなど様々な娯楽活動で主役になります。

信号指示―工場や鉱山、現場、自然災害、救命救援などの信号を指示することができます。

動物をあやす―動物は光線に敏感で、レーザー光を追いかけます。家に怠け者の猫や犬がいましたら、レーザーポインターであやし、怠け者の猫や犬を運動できます。


http://www.apsense.com/user/laserscheap


http://www.sprasia.com/photo/laserscheap/20161220183404.html

【キーワード】 登録されていません

高評価ネタ

もっと見る

RSS FEED新着ネタ

もっと見る

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る